納品レポート 自然派&モダン・素材と色の関係

「この部屋にはどんなスタイルの、何色のカーテンをつけようかな。」

一般的には、これがカーテンを検討する際の入口かと思います。

そこにプラス、「どんな素材の・・・」を考えた場合、リネン素材のカーテンにはおすすめの理由がいくつかあります。

・表面に静電気がおこりにくく衛生的

・風合いが優しく、自然派の内装や家具とも相性がよい などです。

 

昨年末にご新築のI様邸は、3階建ての2階がLDK。大きな窓が2面並ぶ面の片側上部は吹き抜けとなっており、明るい日差しと開放感・そしてモダンさを兼ね備えた空間です。I様のカーテン選びのポイントは「自然素材」が優先。そして次に「色」。今日はこのお部屋のレール&カーテンのコーディネートをご紹介します。

■ウッド装飾レール [ノルディ ] 色/ウォールナット ・キャップ/E

木目が美しく、ウッドレールならこれが当店のおすすめです。キャップデザインは他バリエーションあり。

 

■アクセントクロスに合わせて、水色系のさらっと軽やかな織りのドレープ&あえて真っ白ではないレースの組み合わせ。

Lif/Linリネンドレープ LL2163

Lif/LinリネンレースLL3011

 

■ ロープタッセル [ BC75  ] 色/コットンベージュ

共布でもいいけれど、ちょっとタッセルで遊ぶのも楽しいですね!


 

 

■レースは光に透けると表情が変化します。夜見ると、白のピンストライプがはっきり目立ちます。

 

■深みのあるネイビーのアクセントクロスに、さりげなく寄り添うような色でまとまりました。

 

クラフトジャーナルでは、窓の形状や用途に応じたウィンドウトリートメントをご提案しています。現地採寸・取付工事もお受けしております。是非ご来店にてご相談くださいませ。

 

[ Lif/Lin リネンカーテンフェア ]開催 2020.2.22(sat.) 〜 3.22(sun.)

場所 / クラフトジャーナル

ご相談のご予約はこちらからどうぞ → お問い合わせフォーム

家具から空間を考える暮らしの相談室
CRAFT JOURNAL |クラフトジャーナル
written by イシイ