moss festーモスフェスーコケアレンジのご紹介

6月1日より、石内ぺノン3周年記念イベントとして開催予定の

「green & moss fest」

その中のmoss festについてご紹介です。

moss(モス)-苔(こけ)

山林を歩いていると岩肌などにべったりとくっついて生息している苔。

自然風景の一部ですが、インテリアグリーンとしてもとても人気が高いのはご存じですか?

その魅力は、まるで広い庭園をミニチュアにして自分の身近に置いて楽しめるといったような世界観でしょうか。

こちらは、舟形のプランターにアレンジした

「白いおうちのある風景 苔arrange」 3,780yen~

細長いフォルムで、奥行きのない窓辺のスペースにも置けそうです。

こちらは、

「苔テラリウム」 2,500yen~

ガラス容器の中で育てる小さなコケの森。

テラリウムは容器の中で湿度を保ちながら育てる方法です。

湿潤なガラス容器の中はコケにとって快適な環境。

他の植物と比べ強い光を必要としないコケは、文字が読める程度の明るさがあれば育てることができます。

LEDなどの人工照明でも栽培できるので、リビングやデスクに置ける癒しのインテリアとしてお楽しみいただけます。

手軽に苔arrangeを楽しみたい方におススメなのが、

「タマゴケと白いおうち」 1,296yen

直径約7cmの小さなポットに、1種類の苔と白いおうちをちょこんと乗せた、シンプルなアレンジ。

初心者の方にもおすすめです。

6月1日からのクラフトジャーナルのモスのフェスタ。

是非、実物を見にいらして、苔の世界の魅力を体感ください。

家具から空間を考える暮らしの相談室
CRAFT JOURNAL |クラフトジャーナル
written by トクシゲ